モルテン サインシキシ_ハンドボール (XA0110H)【入数:10】 f970emxhm81818-ハンドボール

モルテン サインシキシ_ハンドボール (XA0110H)【入数:10】 f970emxhm81818-ハンドボール

旅行や近所の街を歩きながら面白そうなものを写真に撮って楽しんでいます

モルテン サインシキシ_ハンドボール (XA0110H)【入数:10】

会社員から個人事業主になったワーママブログ

ほぼ2年近く随筆を書いて来ました。サイト上のブログのサービスが終了したため、ここに掲載しています。一度、ご覧ください。 

実際に使っていて感じたことなどを載せています (・∀・)b

 、父は危篤の状態になり、日付が変わって夜中すぎ、息を引き取った。父・秋満は、昭和4年11月24日の生まれ。義一と民代の三男として誕生し、幼いころは体が弱く「鐡男」と改名をしたこともあったが、昭和の戦前・戦後を几帳面に生きて、齢67歳にして因島の医師会病院にて他界した。

 あれから19年、助教授昇任の人事が決まらぬ前に父に別れを告げねばならなかったことと、去り逝く父に何も伝うべきことばを持たなかった自分のことが思い出される。

 本日、「秋近う」の物名(もののな)で親しまれている、わが家の玄関先の「桔梗(きちかう)」の花が綻び始めた。

 父の忌日に際し、しばらくのあいだ、この「国語科授業を考える」なるブログはお休みさせていただきます。各方面のご愛顧に心より御礼申し上げます。

 今日以降は、http://jdc-toshiya.com/の充実に努めてまいります。引き続き、どうぞ、よろしくお願いします。

12:35 | 記事へ

iPadの色々なケース・カバーやスタンドをご紹介あなたにピッタリな物が見つかるかも?

 桐の花が咲き、藤棚もいまを盛りと色あざやかだ。木々の若葉は、ますます萌えあがり、その色合いは、深みを増している。

 あらためて、芭蕉の俳句。

  〈ゆく春や鳥啼き魚の目は泪〉
〈ゆく春を近江の人と惜しみけり〉

 ゆく春を愛惜するのは、別れを告げられし者の別れゆく者への挨拶でもあろうが、いまのボクは、このガタゴトと揺れる電車のなかで、ぼんやりとたそがれているし、上げ潮の陽気に身をまかせ、なかば初夏の到来をひそかに悦んでいる。

  〈ゆく春や重たき琵琶の抱き心〉

 蕪村の作である。光源氏の青春の愁いに沈んだ横顔が彷彿とする艶なる一句である。

  〈長持に春ぞ暮れゆく更衣(ころもがへ)〉
〈御手討の夫婦なりしを更衣〉

 上段は、芭蕉と同時代を生きた西鶴の句。下段は、蕪村の句。暮れゆく春は、実は、心機一転、ひらりと軽やかな衣替えのときを待っていたのだ。ふりむくことより、風に吹かれながら溢れる光のなかを前へ前へと進んでいくこと、これぞ季節の然らしむるところであろう!

  〈ゆく春のなかを「ふらここ」ゆらしたし〉
〈青春はブランコ漕いで恋をして〉

 明日から5月。あらたな夢に生きるときなのだ。

22:13 | 記事へ ハンドボール パーカー みんなによる みんなのための ハンドボール 大きいサイズ XXL以上 全22色 ジップ 裏パイル プロテッジ PROTEGGiNFL コルツ キャップ 帽子 2019 サイドライン トレーニング キャンプ フレックス ニューエラ/New Era ブラック|

まだまだ初心者なので基本的な内容が中心です

 今年2014年、彼岸入りは3月18日、その中日は21日。そして、24日が彼岸明けである。暑さ寒さも彼岸までとは、古人の知恵である。このところの陽気は、まさに春盛りなりである。

 いまや水仙に替わって、白木蓮の季節を迎えている。天に向かってその蕾たちはあまた立ち揃い、春のお彼岸を送り出さんとひそやかに声をあげているかと感ぜられる。

  〈北に向かいし枝なりき/花咲くことも遅かりき〉

 国分一太郎が好んで揮毫したことばである。丸山薫の詩や千昌夫の歌のとおり、北国の春は辛夷(こぶし)の花とともにやってくる。

 それはさておき、このお彼岸、ボクは広島と因島にいた。亡き父と恩師・森野繁夫先生の墓前、仏前に参り、故人を偲んだ。彼岸なればこそ此岸の人は、その故人を仲立ちに懐かしい出会いを果たす。まさにお導きというにふさわしい。

 その遥か遥か昔、いまの春夏秋冬の季節のめぐりは、春秋のニ季であったと聞いたことがある。暑さ寒さの境たる春分の日と秋分の日は、ともにお彼岸の中日。春にはレンギョウ、ハクモクレン、秋にはマンジュシャゲにコスモス。区切りの時を告げる花々がたおやかに咲き揃う。至れるかなとひとしおの感慨に満たされる。彼岸潮とて、また然り。その大きな振幅は、往還の象形であり、ボクらは、まっすぐに宇宙と交感する。

 〈幸(さき)はひの春や彼岸の燕尾服また懐かしきひととなりなむ〉
〈懐かしきひとに彼岸の笑まいかな〉

 またひとめぐり、前へ前へと進みたい。

17:53 | 記事へ |

ふと思ったことを気ままにつづっていくブログです

 
環状線の天満駅に降り立つと、外回りのホームからあれこれの看板が見える。「炭火焼鳥」もあれば、「マクドナルドMcDonald's」もある。その統一のないさまを、ボクの家のことばでは「わや」という。散らかしていることを「やげっとる」というのと同じく、あまり聞かないことばであるまいか。

 しかしながら、Googleで「○○ 方言」で検索してみると、「わや」も「やげる」も、方言としていくつもの記事がヒットする。とはいえ、「ひしゃげる」にしても「だいぃ」にしても、やはり家のことばは、生活のニュアンスをたっぷり含んでいることに変わりはない。

 国分一太郎は、晩年、「ちちははのくにのことば」をテーマとした随筆をしきりと書いている。みかんをつくり、包丁を研いでいた父がなくなり、おくどさんで飯炊きをし、漬物をつけていた母が病弱で伏せっているいま、ボクは、いわゆる学問や学校のことばを知識としてたくさん蓄えてきたけれど、肝心の生活の文化は何一つとして受け継いでいないように思えてならない。

 昔、ボクの家は、夏には蚊帳が掛けられ、冬には土間で餅つきの行事があったし、お仏壇の上には神棚があって、おりおりに父は灯明をあげてはご祈祷をしていた。昔なら当たり前のそんな生活は、いまのボクにはない。隔絶したというか断絶しているというべきであろう。

 その昔、近所に鍛冶屋があって、しだいに鉄工所が増えはじめたころ、携帯電話やパソコンなどなかったし、そんな道具が20年後に実用化されるなど夢想だにできなかった。手紙や葉書による文(ふみ)のやりとりが至極当然だったし、それらは郵便屋さんが届けてくれるものだった。パーソナルにシフトしたメディアが驚異的なスピードで発達し、オンラインが通常となるなかで、生活は、著しくハイテク化され、家々の手仕事の文化、共同の習俗が壊滅していったのではあるまいか。進歩こそ、新たな神として信奉され、昔ながらのものは旧弊旧態としてうち捨てられていったと、いまにしては思われるのである。

 なにも懐古趣味にふけってことあげしているのではない。実は、伝統は、とっくの昔に断たれている。日常から遥かに遠い存在が遺産となるように、遺産は、いわばいまは亡きものの世界である。しかし、ことばは、その遺産へのよすがであり、いまを生きるボクらの生活のなかで息を吹き返す。神々の話がいまもなおリアリティを失わないのは、そうした消息を物語っているのではあるまいか。

  〈春彼岸神武天皇こりゃ古い〉

 昔、昭和4年生まれの母は、なにかのときには「神武天皇、こりゃ古い」と口にしていた。庶民のことばは、いまも健在だ。

11:23 | 記事へ |(170-175g) - DX Birdie(170-175g) - Axiom Discs Proton Vanish Distance Driver Golf Disc [Colours

家事・育児・資格取得・5年後に就職を目指します

 先週の6月11日は、雑節の入梅であった。学生の話によると、本邦では傘の日であり、海の向こうでは、カメハメハ大王がハワイを統一した記念日(アニバーサリー)であるとか。わが家の庭では、あじさいが昨年よりもひとまわり大きくなって、花の季節を迎え、先日のひとしきりの雨で息をふきかえしている。

  〈あじさいや大きな夢はばらばらに〉

 加藤楸邨の句である。実に見事である。

  〈あじさいの家を背にして旅のかた〉

 遠足に出かける子どもたちの声が聞こえて、ふとおもいついた句である。

 それにしても、あじさいの成長は著しい。年ごとに、せり出すように、ひとむれの株は盛り上がっている。わが家の庭のあじさいとは、すでに10年以上の付き合いであるが、今年は、なぜかその旺盛なるさまが心にかかっている。

  〈こんもりと息をひそめて眠りおるひと群れの闇夜のあじさい〉

 これはと得心のゆく「あじさい俳句」なるものをものしたいとおもいながら、いまだに果せずにいるが、学生と「あじさい」をテーマに歌会をしたとき、「夜のあじさい」としてかたちになったのが、さきほどの歌である。そのとき、ある学生が作った歌は、つぎのニ首である。

  〈雨の中あかあおむらさきこんぺいとうきらきらひかる甘いあじさい〉

  〈雨の中去りゆく人の肩ごしに咲く紫陽花の花の色かな〉

 いずれも、情感のたたえられた優しい歌である。あじさいは、存外、歌に向いている題材かもしれない。

13:57 | 記事へESCOφ325mm [電波]掛 時 計[EA798CB-72]ヒュンメル ハンドボールシューズ レジェンドフライIV インドア用 HAS8028 /お取り寄せ商品

戦えプリンセスドールの攻略や裏ワザまとめ情報!キャンディーを大量&無料で貰う裏ワザも大公開!

 先日、岩波書店の『江戸のあかり――ナタネ油の旅と都市の夜――』という絵本を読んだ。本文の筆者は塚本学さん、絵の作者は一ノ関圭さん。56ページの本で、「歴史を旅する絵本」の一冊である。初版は1990年2月に刊行されている。

 「江戸のあかり」は、江戸の半ば過ぎまで大坂から船で運ばれるナタネ油で支えられていたとはじめて知って大いに驚いたのであるが、大坂は、各地から集まった菜種から油を搾り出すナタネ油精製の一大拠点であり、とりわけ蕪村の生誕地とされる淀川べりの毛馬(けま)あたりには、春には見渡すかぎり一面の菜の花畑が広がっていたということを知って、やっとあの有名すぎる蕪村の俳句がすとんと腑に落ちたようにおもえてうれしかった。

  〈菜の花や月は東に日は西に〉

 この句におけるさかんなる菜の花のありさまは、大坂に運ばれて高価な油のもととなる菜の花の種(ナタネ)を約束する花の賑わいなのである。大いなる天地の間に、ときはめぐり、菜の花はやがて種を実らせ、ナタネは都市の人々の夜のあかりの源たるナタネ油として役立っていく。この一面の菜の花は、なんとも、頼もしい景色ではないかとおもえてきたのである。

  〈絶頂の城たのもしき若葉かな〉
〈不ニひとつ埋(うづ)み残して若葉かな〉

 この大いなる頼もしき景色こそ、蕪村の蕪村たるゆえんなりと自得した次第である。

 そういえば、司馬遼太郎の忌日は「菜の花忌」であり、生涯大阪にあって作家活動をつづけた司馬遼太郎は子規を重んじ、その子規は、蕪村をこのうえなく重んじたとは。

 歴史は、わがうちなるものの力をかりて大切にしたいものである。

15:32 | 記事へターゲットゾーン(オーシャンリーフ)【ボウリング用品/プロショップ300】ブランズウィック(Brunswick) T-Zone インディゴスワール SUNBB0005 ボウリング ボール ボーリング

http://bomipp.blog.fc2.com/

 一昨日の木曜日の夜、11時過ぎ、帰宅して玄関の鍵をあけようとしたとき、タッタッタタタと鳴き声が聞こえた。山ホトトギスの「初音(はつね)」を耳にしたことに僥倖(ぎょうこう)感をおぼえ、そぞろこころハシャギだすようであった。

  〈目には青葉山時鳥(ほととぎす)初松魚(かつほ)〉

 江戸の山口素堂(そどう)の句である。芭蕉と『江戸両吟集』を出している。江戸っ子は、大金を積んでも、ひとに先んじていの一番に初鰹を食さんことに「いき」を感じ、船まで出して釣りたてを求めていたと、なにかの本で読んだことがある。

 それはともかくも、このところ、芍薬が豪華に咲き誇り、花橘がさかんに開花のときを迎えている。夏は来たりぬと、感慨はひとしおである。

 ネットの「六曜・月齢・旧暦カレンダー」によると、本日5月18日は、旧暦の四月九日とある。たしかに、初夏(はつなつ)である。1689年(元禄2年)のちょうどいまごろ、芭蕉は、曾良(そら)と同行二人、おくのほそ道の旅に出た。そういえば、アリやトカゲも、そこここに姿をあらわし活動を始めている。

 と、ここらあたりまでが昨日土曜日の感慨である。今日、日曜日は、お昼前から、久しぶりの雨となった。

 また明日からの1週間のため、今日は、雨をながめながら、英気を養いたい。

  〈毛馬きゅうり勝間なんきん雨うれし〉

13:34 | 記事へジャンスポーツ リュック ライトパック TYP7 31L ハイリスクレッド5KS送料無料 ABS ボウリングシューズ 右投げ用 ホワイト・ブラック S-380 20.0cm 他商品との同梱不可

まだまだ初心者なので基本的な内容が中心です

 大阪国語教育実践の会、通称「大阪JDC(ジェイディシー)」のホームページを下記のサイトに、あらたに開設しました。

           大阪国語教育実践の会

 より機動力、発信力のあるサイトをめざして、頑張っていきたいとおもいます。

 どうぞ、よろしくお願いします。

 なお、写真の猫の絵は、高1の夏休み、美術の宿題で描いたものです。名前は「黒兵衛(くろべえ)」、ダックスフンドのミックス犬の「権(ごん)さん」と仲良しでした。

11:11 | 記事へアメリカンボウリングサービス(ABS) トリコロールテープポロ AW-1409 グリーン ユニセックス メンズ レディース ボウリングウェア ボーリング 半袖シャツ(ハイスポーツ) ストーム ジオメトリー(Y/BK) HS-01017

自分が貧困女子だと気づいてしまったアラサーOLのアミが副業を頑張るブログです

 5月5日が立夏だった。このところ、関西は、晴れの日がつづいていたが、今日は、久しぶりの雨。かたや、北海道の各地では降雪にみまわれたりしていた。

 環太平洋造山帯(火山帯)に位置する日本列島は、縦に長い山々の連なる国でもある。その一方、琉球から樺太にいたる海域には、黒潮や親潮、対馬暖流やリマン海流など大きな潮の流れがあって、ゆたかな漁場が形成されている。

〈春過ぎて夏来たるらし白妙の衣ほしたり天の香具山〉

 ボクにとって、夏の到来の標は、桐の花である。うす紫の花の色合いといい、高い枝枝に咲き揃うているたたずまいといい、実に清らで麗しい。ここ大阪では、桐の花は、きまって立夏を刻するかのように盛りのときを迎え、ボクもまた初夏の到来にこころひろがりゆく心地よさを覚えるのである。

〈万歳\(^O^)/の優しき宴(うたげ)桐の花〉

16:31 | 記事へ

アクアリウムを中心に日々のふとした事を面白おかしく書綴っています

 大阪造幣局の「通り抜け」は、今週16日から始まっている。「普賢象」「楊貴妃」「欝金」「朱雀」など、多種多様の八重の桜が、たのもしく咲き誇っているにちがいない。

 さて、そのかたわら、そこここには、木々の若葉がみずみずしく輝いているし、クヌギの花は落ち初めている。

  〈ゆく春を近江の人と惜しみける〉NFL チーフス Tシャツ サイドライン パフォーマンス ナイキ/Nike レッドNFL ラムズ Tシャツ サイドライン ベロシティー パフォーマンス ナイキ/Nike ネイビー
〈ゆく春や鳥啼(な)き魚の目は泪〉ハンドボール パーカー 一人は皆のために 皆は一人のために KEEP CALMデザイン キッズサイズ 160cm以下 全22色 プルオーバー 裏パイル プロテッジ PROTEGGi[アシックス] ハンドボールシューズ スカイハンド OC 2 ホワイト/ブラック 23.5 cm

 少し汗ばむようなひざしのなか、春は過ぎ去り、夏がやって来ている。もちろん季節の名称は、連続した事象の相対的な区別にすぎないが、心持ちとしては画然としたものがある。

 今日4月18日、朝、散歩していたら、道端にポピーの花が端然と天に向かっていたし、すでに花を落として判子のような軸をあらわにしているものもあって、一層夏の到来を実感せずにはいられなかった。

  〈御手打の夫婦なりしを更衣(ころもがへ)〉
〈ゆく春や重たき琵琶の抱き心〉

 こちらは、ともに蕪村の俳句。さきの芭蕉の句にくらべ、情感がゆたかに湛えられている。

  〈ゆく春の情けのままにあれこれの重荷振り捨て夏は来にける〉

 また、一歩一歩、前進していきたい。

15:27 | 記事へ(170-175g) - Axiom Plasma Envy Putter Golf Disc [Colours may vary]VANS バンズ スケートボード専用バッグ チェッカーボード 黒x灰

健康的なダイエットツールを是非活用していただきたい

 家の近くに、それは見事な「しだれ桜」の木が幾本もあって、その地主さんは毎年、懇切丁寧に下草を刈って、実に見栄えのする姿を提供してくださる。実にありがたく、毎年、ボクは春たけてゆくさまに感じ入っている次第である。とりわけ、いよいよまた花びらのときを迎えんとして、花芽が萌えはじめると、木々が薄紅にけぶるというか、それこそほんに一身に燃え立つさまは、まことに稀有にして荘厳なる光景なのである。

 いまや、その木々は、「これはこれはとばかり」の花の季節を終えんとしてしている。「花の色はうつりにけりな」とも言いつべく、世の無常が体現されている。それにつけ、またしても思い起こされるのは、つぎの句である。

  〈世の中は三日見ぬ間の桜かな〉
〈世の中は三日見ぬ間に桜かな〉

ふと思ったことを気ままにつづっていくブログです

今年の立夏は、5月5日。暦どおりに、まわりは初夏のよそおい。

今日、道ばたに、カタバミの花を見つけました。

坪内稔典さんの句に、つぎの句がある。

炎天のかたばみの花へまず

カタバミは、とても小さな花です。
12:53 | 記事へ

あらたなる一年の旅さくら咲く

今年の桜は、天候不順のこともあって、例年以上に長く眺めることができた。

今年は、花よりも葉の芽生えが待ち遠しく感じられる。
18:28 | 記事へボウリング ボウリングウェア ソシオジャパン レディース スカート SKT-23107(T×SPORTS) TA-030

再話されて文章となった民話の本文を声に出して読むばあい、どのようにすればよいのだろうか。
民話は、もともと語りの文芸であり、だれかに物語られたものである。本来は、話しことばであり、そこには生活のことばが息づいている。
わたしたちは、とかく民話なら民話なりの語り口調があるとおもいがちである。その典型が、かつての「日本昔ばなし」調である。実のところ、それは、多くの場合、その俳優のキャラクターのたった読みとなっている。よく聞いてみると、それは、普通の話しことばとちがって、不自然なイントネーションになっている場合が多い。
民話は、語りである以上、再話されたテキストを読む場合でも、できればテキストをみないで、語ってみたい。話の筋がちがわなければ、お話として成立するのである。もちろん、なかなかに容易なわざではないが、いわば外国語の翻訳のように、しっかりと読み込んだうえで、ところどころに民話本来のことばをとりいれながら、自分なりの生活のことばで語りなおしてみよう。
そして、あらためてネイティブの語る民話に耳を傾け、その地域ならではの、ことばの調子や情感を味わってみよう。
だから、民話ないしその文章として再話された表現は、耳で聞くか、目で読むのに適しているジャンルと言えそうである。
13:17 | 記事へ

大阪のコンサルティングチーム「かのさん中小企業診断士事務所」のブログです

大阪国語教育実践の会
この夏の8月11日(火)に、大阪教育大学の天王寺キャンパスで、研究会をおこないます。
もと兵庫教育大学長の中洌正堯先生、『綴方教育論』の著者の野名龍二先生を講師としてお迎えします。実践報告もおこないます。
また、『大阪国語・JDC』の第3号も出す予定です。
この機会に、あらためて〝子どもとつくる国語・文学の授業〟について考えてみたいとおもいます。

読んでいただきたい知識や情報がたくさんあります
粘土にスワロフスーをちりばめキラキラアクセサリーを手づくりできます
BAUER(バウアー) グローブ S19 シュープリーム 2S PRO YTH